menu11
Accessory&Jewelry

アクセサリーの誕生・歴史


指輪の歴史

結婚指輪の歴史が一番古く、男女間の間でリングをおくる習慣は古代ローマ時代からできたそうです。宝石をつけたりしますね。

太古の時代に女性を連れ去り女性が逃亡しないように環をしたのが始まりという説もあります。

結婚指輪は、昔は親指にはめていたらしいです。それが、 いつ頃からか左の薬指にはめることが定着してきました。
これは諸説ありますが一番有力な説は、薬指の血管が心臓につながっていると古代ギリシャ人は考えていた説です。

それ以外としては、薬指は創造を意味する指とも言われこれからの結婚生活を築くという意味合いで薬指にした説や、薬指はあまり使わないので、リング自体を傷つけにくいという説もあります。 

婚約指輪・結婚指輪の由来

指輪は今でこそ装飾用として用いられていますが、昔は身分をあらわすものや神秘的な力を持つものとして用いられてきました。

魔よけやお守り、時には印鑑としても使われていたそうです。しかも指輪を装着できるのは、身分の高い男性だけとされていました。

今のように、男女の間で、愛を誓うものとして使われてきたのはローマ時代からだとされています。もともとは、古来女性を捕まえて環をはめ、自分のものにしたことが由来だとされています。

これが婚約指輪、結婚指輪の始まりとなったそうです。

結婚指ははなぜ左手薬指に・・・・??

大昔は、指輪は親指にはめていたそうです。

それがいつの頃からか、結婚指輪を左の薬指に装着することが定着してきました。

なぜ結婚指輪を左薬指にはめるかというのは、諸説いろいろあります。

その中でも一番有名なのが、薬指の血管は、心臓と直結していて、一番大切な指を守るため、愛をはぐくむ心臓からまっすぐ薬指に向かって伸びている血管をつなぐものとして、ギリシャ人は伝えてきました。

私が思うのは、左の薬指はあまり使わない指なので、他のものとの接触がないため、指輪が傷つかないためではないかと思います。

薬指は、創造を意味する指とも言われ、結婚は、これからの新しい生活を創造し築いていくと言う意味合いでも薬指にはめるのではないでしょうか。

指輪を装着する意味は・・・??

指輪を装着する指についての指輪の意味や、指輪の装着する意味などは色々諸説ありますが一般的なものをご紹介しますので、参考にしてください。

左手

小 指 すてきな出会いを求めている人、恋人との仲をたいせつにしたい人はピンキーリングを左手にすることをお奨めめします。
薬 指 心臓に一番近い指輪として古来より信じられてきた指。恋人との愛の絆をより一層深め、愛する人との絆をいっそう深めたい人。結婚指輪もこの指にします。
中 指 周囲の人と気持ちを通じ合いわかりあいたい人。
人差し指 迷いが消え、積極的になりたい人。何か新しいことを始めようと思っている人はこの指に指輪をするといいといわれています。
親 指 考えや信念を貫きたい人。この指に指輪をつけると、目標に向かって着実に前進することを助けてくれると言われています。

右手

小 指 表現力が豊かになり、さりげなく自分をアピールしたい人。
薬 指 心を穏やかにしたい人
中 指 嫌な事から身を守り、魔よけの意味もあります。理性的に物事をスムーズに進めてくれるとも言われています。
人差し指 集中力を高め仕事や勉強をスムーズにはかどらせたい人。ひらめきや直観力を高め、行動に移すことができるとされています。
親 指 困難を克服したい人。自身をもって前進あるのみです!!
ピアスの歴史

ピアッシングの歴史は古く、人の体の穴の部分から悪魔が入ってくるといわれそれを防ぐために耳などに飾りをつけ魔除けにしたといわれています。

また、ピアスは男性の身分を証明するために装着されていたもので、本来は男の人のアイテムだったそうです。

ネックレスの歴史

アクセサリーのなかで一番歴史が古いもので、動物の骨や牙、貝殻などを、植物を縄状に編んだものに通して首にかけていたらしいです。

これは、身分をあらわしたり、呪術や豊作を祈願したりに使われていたのがネックレスの起源です。

 

ブレスレッ・バングル・アームレットの歴史

昔は、動物の骨や牙、貝殻などに穴をあけたものをつなげていたものがブレスレットの始まりらしいです。
木や骨とCの字型にくりぬいたりカットしたものを手首につけたものがバングル・アームレットの始まりとされています。
手首に装着するものをブレスレット・バングル、腕の上部につけるものをアームレットといいます。

アクセサリーのオススメ情報

今ではアクセサリーを販売するお店は普通の店舗だけでなく、露店販売やインターネット販売のお店も数多く並んでいます。
特にインターネットでは色々なアクセサリーを取りそろえたお店が沢山あり、通販で気軽に購入することができますよね。
中にはアクセサリーパーツの卸販売のお店などもあり自分好みの アクセサリーを作るには最適です☆興味のある方は一度のぞいて見てください。

注目サイト

ダイヤの買取店
http://diamond-ginza.biz/

最終更新日:2014/12/19

Copyright (C) 2008 Accessory&Jewelry. All Rights Reserved.