menu11
Accessory&Jewelry

ジュエリーアクセサリーの知識


【シルバーアクセサリーの手入れ】

シルバーアクセサリーの難点は使用しているうちに黒くなってくることです。新品のシルバーアクセサリーも手入れをせずにいるとすぐに真っ黒になります。手入れが面倒という理由で、黒くなったシルバーアクセサリーはそのまま引き出しの中に…という人も多いのではないでしょうか。

シルバーアクセサリーは定期的な手入れが必要なので少し手間がかかりますが、可愛がってあげれば末永く使うことができます。以下では、シルバーアクセサリーが黒く変色する原因とお手入れの仕方、ケア用品を使う場合の注意についてお勉強しましょう!!


【銀が黒くなる原因】

シルバーが時間が経つにつれて徐々に黒く変色するのは「硫化」という現象が原因です。銀というのはゴールドやプラチナと比べて化学的に不安定な物質なので、放置した状態だと空気中の硫黄分などと反応して表面に黒い皮膜をつくります。この現象が硫化です。

硫化して黒くなったシルバーアクセサリーを見て「酸化した」という人が結構いますが、本当は「硫化した」というのが正しいわけです。


【研磨剤入りの磨き布で磨く】

シルバーアクセサリーのお手入れの基本は、研磨剤を練りこんであるシルバーアクセサリーやジュエリー用のクロス(磨き布)で「まめに拭く」というのが一番です。宝石をセットしているアイテムでは変色などの原因になるので、石の部分はなるべく避けて拭いた方がいいです。磨き布も色々種類があるので、使ってみて自分に合ったものを選べば良いと思います。

磨き布で銀地金の表面を磨くと、布が黒くなりますが洗ってはダメです!!練りこんである研磨剤が全部流れ出てしまいます。磨き布の全面が黒くなってしまってもしばらくは使えますが、磨いてもシルバーの変色がとれにくくなってきたら取替え時でしょう。


【液体クリーナーを使う】

手持ちのシルバーアクセサリーの数が多くていちいち拭くのが面倒とか、もう既に真っ黒になってしまって磨き布で磨いてもなかなか変色が取れないとか、チェーンや凹凸の多いアイテムの変色を除去したいといった場合は、液体タイプのシルバーアクセサリー用のクリーナーを使うという手もあります。液体クリーナーは強力なものが多いので、銀以外の素材を使っているアイテムに使う場合は気をつけましょう!!

シルバーアクセサリーを液体クリーナーにつけると一瞬で黒い硫化皮膜がとれて、シルバー本来の銀の輝きがよみがえります。変色がとれてキレイになったら、クリーナーの液を水でよく洗い流してください。シルバーアクセサリーの表面にクリーナーが残っていると変色の原因になります。クリーナーを洗い流したら柔らかい布などで水分を拭きとっておきます。


【ジュエリーと金属アレルギー】

金属というのは普通は水に溶けませんが、ジュエリーやシルバーアクセサリーに使われている金属というのは常に肌と接しているので、汗や体液によって表面が極微量溶かされてイオン化することがあります。このイオン化した金属が体組織のタンパク質と反応すると、元のタンパク質とは違う物質に変質します。

体はこの変質したタンパク質を異物として体外に排出しようとします。この体の拒絶反応によって引き起こされる「かぶれ」や炎症が金属アレルギーなのです。たいていの人にとってはまず問題にならないんですが、敏感な体質の人や、過去に金属アレルギーになったことがある人など、一部の人はアレルギー反応が出やすいことがあります。

シルバーアクセサリーやジュエリーの定番アイテムにピアスがあります。肌は外からの異物の侵入を防ぐのに適した構造になっていますが、そこに穴を開けてしまうと異物が入りやすい状態になります。

ピアス用に開ける穴は小さいので過剰に気にする必要はありませんが、開けないよりはリスクが高いということは認識しておく必要があります。炎症などを起こさないようにピアス穴は常に清潔な状態にしておきましょう。

やたらと安いジュエリーやシルバーアクセサリーなどは、銀以外の金属や純度の低い銀を使っている場合があります。金属の中には、ニッケルやクロムなど金属アレルギーを誘発しやすいものがあります。見た目ではどんな金属が使われているか分からない場合も多いので、直接肌に触れるものは信頼出来るお店で買うことも重要ですね。

銀で作られたシルバーアクセサリーや、チタンで作られたアクセサリーなどは金属アレルギーになりにくいといわれていますが、これもあくまで「確率が低い」というだけで、結局は各人の体質によります。どの金属によるアレルギーなのかを知りたい場合は、病院で相談してパッチテストを行いましょう!!

Copyright (C) 2008 Accessory&Jewelry. All Rights Reserved.